レーザー脱毛は嫌、自分でできるムダ毛処理の方法

レーザー脱毛は痛いので受けたくない。でも毛深いのは嫌。自宅でなんとか痛くないムダ毛処理の方法はないの?実はレーザー脱毛のように痛みのある脱毛方法ではなくて、石鹸で身体を洗うだけでムダ毛の処理ができてしまう方法があるのです。
MENU

レーザー脱毛の痛みは嫌!でもむだ毛の処理をしたいなら

レーザー脱毛,嫌,ムダ毛,自己処理

医療脱毛、脱毛サロンレーザー脱毛器での脱毛は痛い。やっぱり耐えられない!
怖い!出来ることならレーザー脱毛での脱毛はしたくない。
だけど、むだ毛の処理からも解放されたい。
そういうときは除毛石鹸という選択肢もあります。
お風呂に入って身体を洗うだけで次第にむだ毛が目立たなくなってくる。
そういう石鹸があるんです。

 

オススメの除毛石鹸はつるすべ石鹸ジョモリー
医療脱毛や脱毛サロンへ通うよりも安く済んでしまうかも。

 

⇒つるすべ石鹸ジョモリーを詳しく知りたい方はこちらをクリック

 

 

レーザー脱毛はなぜ痛いのか?

医療脱毛のレーザー脱毛は脱毛サロンの光脱毛よりも痛いとよく言われます。
それはどうしてかというと、「効果があるから」なんです。
脱毛の仕組みはレーザーがメラニン色素を多く含む毛に反応して
毛の毛根部にある毛乳頭と毛母細胞を破壊するというもの。

 

破壊するなら威力が強ければ強いほど効果がある。
脱毛サロンで使われている光脱毛はレーザー脱毛より威力を抑えたもの。
だから完全に毛乳頭と毛母細胞を破壊できず永久脱毛にならないのです。

 

しかし、医療脱毛のレーザー脱毛は威力がすごく毛乳頭と毛母細胞をしっかりと破壊。
二度と毛が生えてこない永久脱毛が出来るのです。

 

つまり、それだけ痛いのは仕方がないということなのです。

 

痛いのに耐えられない!それなら除毛石鹸を使うのが一番!

痛いのが嫌だ!だからレーザー脱毛は避けたい。
でも、むだ毛は処理したい。
そういうときはレーザー脱毛以外にもむだ毛処理の方法はあります。
例えばブラジリアンワックス。
しかし、こちらも抜くときの痛さが嫌だという人が結構いるんです。

 

痛みを伴わずにむだ毛の処理をするなら除毛石鹸が一番オススメなんです。

 

除毛石鹸の欠点は時間がかかること、でも使っていくうちに次第にむだ毛が気にならなくなってきます。

 

その理由は除毛石鹸に使われている成分にあるんです。
多くの除毛石鹸に使われているのが
パパインとブロメラインというタンパク質分解酵素。
パパインやブロメラインで毛穴の汚れ(タンパク質)を取り除いてくれます。
そして、毛自体もタンパク質。毛にもアプローチしてくれます。

 

除毛石鹸には毛を生やしにくくする成分も配合しています。
大豆イソフラボンなどは女性ホルモンと似ている成分。
パパインなどで綺麗になった毛穴から浸透して毛を生やしにくくしてくれるサポートをしてくれます。
他にも毛母細胞が細胞分裂するのを抑える成分などが入っているものもあります。

 

今、一番注目されている除毛石鹸は「つるすべ石鹸ジョモリー」
除毛成分、抑毛成分どちらも配合されており
また、美容保湿、引き締め効果、消臭効果などもある
一個でいろり路と便利な石鹸なんです。

 

⇒つるすべ石鹸ジョモリーを格安で購入するならこちらがオススメです

 

 

 

⇒ジョモリーの口コミへ戻る

このページの先頭へ